無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
「お風呂の居眠りはただの居眠りではなかった?/謎の溺死/ためしてガッテン」

 冬場など、湯船に長く浸かっていると、うとうとすることがありますよね。


何と、あれはただの居眠りではないかもしれないのです。


前にも紹介しましたが、年間にお風呂の事故で亡くなる人は1万4千人もいるとか。


そして、多くの人は、謎の溺死により、亡くなっているというのです。


謎の溺死って何? その原因とは何か?


NHK「ためしてガッテン」が解説してくれました。



 

 



□謎の溺死?


年間に入浴中の事故でお亡くなりになる方は、およそ1万4千人であるといわれます。


入浴中の事故というと「心筋梗塞」や「脳卒中」、立ちくらみなどによる「溺死」を想像してしまいますが、実はその割合は1割程度なのだそうです。


およそ1万人の方は、「謎の溺死」によってお亡くなりになっているといいます。


謎の溺死とは、どういうものなんでしょうか?


 


□驚愕反射・驚愕反応


38℃くらいのお湯に入った場合、血圧は正常時より幾分か下がるそうです。


というのは、お風呂に入ると体の表面近くの血管が温められて開きます。これにより、血液が流れやすくなって、血圧が下がるそうです。



ただし、42℃のお湯に入った場合は、違ってきます。


血圧は逆に上がるのです。



これが、「驚愕反射(きょうがくはんしゃ)」「驚愕反応」といわれるもの。


「驚愕反応」とは大辞林によれば、「突発的に起きた火事や知人の死などの事故により、顔面蒼白・冷汗・動悸・不眠・うろたえ・脱力感など、身体的・精神的反応を生じること」。


ここでは、驚いたりショックを受けたりして、血管が収縮することをさします。



熱いお湯に入る
 ↓
血管が収縮する
 ↓
血圧が上がる



こうなるわけです。


しかし、実はそれだけでは終わりません。



その後、血圧は平常時より下がるそうなのです。


そしてそれが、「謎の溺死」の原因になってきます。


 


□居眠りではなくて意識障害だった


38℃のお風呂に入ると、上述の通り、血圧は幾分か下がります。


一方、42℃のお湯に入った場合、(驚愕反射により)血圧は一度急激に上昇し、次に、下がってきます。


下がってくるのだけれど、38℃の入浴時には血圧が下げ止まるのに対し、42℃のお湯では、下げ止まらずに、下がりすぎてしまうんですね。


これが、驚愕反射の反動です。上がりすぎたのを下げようとして、下げすぎてしまう。



これにより、異常な血圧低下が引き起こされ、意識障害が起きてしまうのです。



私たちは、これを居眠りだと思ってしまいますが、実は意識障害である可能性もあるのです。


居眠りの場合は、顔が水に沈んだら気づけるかもしれませんが、意識障害だとそのまま沈んでしまう可能性があります。


ということは、お風呂で「ヒヤッ」としたことがある人は、実は、けっこうギリギリの線で助かっていたのかもしれないのです。



意識障害による溺死の場合、亡くなった体を調べても、肺には水がほとんど入っていないのだとか。


意識がないまま、ごく少量の水が肺に入り、そのショックで、心臓が止まってしまうのだそうです。


 


□注意のポイント


・熱いお風呂が大好き
 →前述の通り、熱いお湯は驚愕反応により、血圧を上げます。そして、上がった血圧は急激に下がる。


・65歳以上
 →高齢の方は、もともと高血圧の人が多いし、血圧の下がりが非常に強いのだそうです。


・高血圧の人
 →高血圧の人ほど、血圧は下がりやすい。高くなる人ほど、下がるのも激しいのだそうです。


・入浴前の飲酒
 →飲酒のあとは血管が拡張するので、血圧が下がりやすい。
  食後も同じで、血圧が下がる。
  この時に熱いお湯に入ると、もともと低い上に、更に下がってしまう。
  (食後1時間は入浴を避ける方がいいそうです)



また、湯船から急に立ち上がると、急激に血圧が低下するので、立ち上がる時はゆっくりと。


 


□謎の溺死を防ぐ入浴法は?


驚愕反応を起こさなくするには、40℃以下にするのがいいそうです。


ただし、それだと物足りない人が出そうですね。


そこで番組では、40℃以下でも満足できる方法を紹介。



それはシャワーを使うもの。



シャワーを43℃に設定し、湯船に3分間注ぐ。


湯船の温度は、40℃に設定。



すると、浴室がミスト・水蒸気で温まります。


これにより、「浴室が寒い → 熱いお湯に入りたい」という願望が低減、気分が変わるそうですよ。



しかも、42℃以上の場合は、驚愕反応で血管が収縮してしまい、熱を取り込みにくくなるそうです。


逆に、40℃だと、血管は収縮せず、むしろ開いたままなので、効率的に熱を取り込めるそうです。


はじめ物足りなくても、芯まで温まれるというわけです。


 


(注意)
大きな窓のついた浴室や、タイル張りの浴室などでは、浴室自体が冷えやすいので、3分間のシャワーでは、十分に温まらない場合があります。浴室がある程度温まっているか、確認してください。


 



驚きました。お風呂での「うとうと」は、意識障害かもしれないんですね。失神寸前だったのかもしれない。


これは気をつけるようにしなければ。


お年寄りなどは、深い湯船には注意して、半身浴になるような台を使うのがいいかもしれません。


それだと、立ち上がるときに台になるし、顔が沈むのも、予防してくれるかもしれませんね。

その前に、ケアマネージャーや、お医者さんに相談するとかも。


 


 


□参考


「ためしてガッテン:過去の放送:お風呂大変身! 超快感・安全入浴」



□関連


「入浴中の事故の注意点/きょうの健康より」







 


 

| 荒巻ケンコー | 「ためしてガッテン」 | - | trackbacks(0) | pookmark |
←「胸やけについて/カラダのキモチ」 Top「ペットボトルを使った鼻づまり解消法/カラダのキモチ」→
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Trackback
http://karadamemo.jugem.jp/trackback/29